股関節の急激な痛み、その原因はどこにある?

スポンサーリンク

急な股関節の痛みの原因はどこにあるのか?今回は股関節の急性痛について考えていきましょう。

股関節の急激な痛み、その原因はどこにある?

何の前触れなく訪れる股関節痛。自分がいきなり襲われたら困りますよね。

原因はどこにあるのか、そしてどうやってその痛みの原因を見つけていけばいいのでしょうか。


スポンサーリンク



原因はどこ?

先日、こちらのブログにお問い合わせが届きましたので、ご紹介させていただきます。

題名:股関節の痛みで悩んでます

性別:女性

年齢:40代

診断名:その他疾患

メッセージ本文:
はじめまして。股関節の痛みで悩んでおり、なにかアドバイスを頂ければと思いメールさせていただきました。

状況は以下の通りです。

昨年(平成26年)12月末、寒いなか掃除や片付けをした後、家に帰り部屋で歩いていたとき、突然右脚の付け根に激痛が走り、立つことも歩くこともままならくなってしまいました。

翌日、総合病院の緊急外来に行ったところ、とりあえず骨に異常は無いだろうとの判断で、後日専門医に診察してもらうことなり、痛みどめの薬剤を処方していただきました。その後、MRI(別の病院で)やレントゲンも撮っていただいたんですが股関節に異常は無いとの診断でした。

整骨院にも行ったところ、骨盤がゆがんでおり筋肉が固まっているので、ほぐしてゆくことが一番ということで、現在、マッサージや針治療を受けています。

念のため別の総合病院で診察もしてもらい、今度腰のMRIを撮る予定です。約1か月半経過した現在でも、痛みは一向に治まらず、このまま治らないのではないかと不安です。

なお補足ですが、10年ぐらい前から椅子から立ち上がるときに股関節に痛みが時折ありました。

また今回症状が出る数日前、寒い部屋で長時間座っていたことで、体が硬くなっていたようにも思います。思い返してみると11月ごろから右脚の運び(特に足首のあたり)に違和感を感じていたように思います。

ネット等で調べると、靭帯が損傷しているのではないかと感じますがよくわかりません。

安静にしていてもよくなる気配が感じられず不安でしかたありません。温めたほうがいいのか、冷やしたほうがいいのか、安静にしたままがいいのか、多少は動いたほうがいいのか、日常の暮らし方すらよくわからなくなっています。

急なメールで申し訳ありませんが、このような感じで悩んでおり、できれば今後どのようにすればよいか、何からでも結構ですのでアドバイスをいただければと思います。

勝手なお願いですがよろしくお願い致します。

(※プライバシー保護のため一部修正しています)

こちらの方の場合、レントゲンでも痛みがなく、MRIでも異常がなかったとのこと。しかも専門医にも診ていただいているとのことです。

診察でレントゲンしか撮ってもらっていない場合には、股関節のMRIで精査してもらうようにアドバイスしていますが、今回は当てはまりません。

ならばこの方がおっしゃっているように、腰のMRIも撮って股関節周囲に何か悪さをするものがないか、調べておくのはいいでしょう。

一方、整骨院で「骨盤のゆがみ」を指摘されていますが、これは整骨院や整体院などが使う常套句で、どこまで信憑性のあるものか分かりません。

骨盤が全く歪んでいない方は基本的にはいないと思いますし、整骨院の触診で分かるぐらいの歪みが問題とされるなら、レントゲンを撮った時点で医師から何らかの指摘があるでしょう。

と、考えていくと行き詰まりそうですが、ヒントになることもおっしゃっています。

10年ぐらい前から椅子から立ち上がるときに股関節に痛みが時折ありました。

思い返してみると11月ごろから右脚の運び(特に足首のあたり)に違和感を感じていたように思います。

このように過去から起きていることを思い出すのは、すごくいいことです。

いまのところ他には有力な手がかりがないので、私ならこの10年前からある痛みに着目します。

また足首(足関節)に違和感があったのであれば、その違和感の正体を考えて、その股関節通につながる可能性はないか考えます。

このあたりは可能性の問題ですので、これが答えかどうかは分かりません。

ただテレビに出てくる名探偵のように、可能性のあるものを徹底的に調べていく必要があります。

医師の診察の場合、なかなかここまで聞かれることはありませんし、医師ももっと関わりたいところですがお一人の患者さんに関われる時間も限られています。ですから思わぬヒントを主治医が拾えていない可能性もありますので、思い出したことをお伝えしていけばいいでしょう。

まとめ

股関節の急激な痛みやその原因について考えてきました。

1.まずは対象部位の精査をして、主治医にしっかり診てもらいましょう。

2.もし原因が見つからなければ、痛みにつながるヒントを徹底的に洗い出す作業をします。

3.それでも原因が分からなければ、対象部位の周辺部位で痛みのヒントとなる要素はないか、1と2の作業を繰り返す。

最初は対象部位の近くの筋肉や関節から調べていけばいいのではないでしょうか。

痛みには必ず原因があるはずです。原因不明でなんとなく治療を進めるのは、暗闇の中を地図も持たずに彷徨うことと同じです。

まずはいつもお伝えしているように、医師と共に原因探しを優先しましょう。

急激な股関節の痛みに悩む方のヒントになれば幸いです。


コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節