人工股関節置換術と人工骨頭置換術の違い

スポンサード リンク

 

股関節の手術にはいくつか種類がありますが、人工股関節置換術と人工骨頭置換術の違いがわかりにくい方がいらっしゃうようですので、今日はその違いについてお伝えします。

 

人工股関節置換術と人工骨頭置換術の違いは、人工の関節や骨に全て置き換えるか、一部置き換えるかの違いです

文字で説明してもわかりづらいと思いますので、人工股関節置換術と人工骨頭置換術の違いをわかりやすく解説している動画をまずご覧ください。

引用)中島卓也.理学療法士 PhysiTheraResearch http://physitheraresearch.blogspot.jp/

 

人工股関節置換術は「人工股関節全置換術」とも言われますので、置換するのは股関節の全てです

股関節は骨盤の寛骨臼と大腿骨の骨頭で成り立つ関節です。その寛骨臼と大腿骨の骨頭を人工物に置き換えるのが、人工股関節置換術です。

手術の対象になるのは、末期の変形性股関節症などで強い痛みのため、通常の生活が著しく支障をきたしている方です。

 

一方人工骨頭置換術は、置換するのは文字通り大腿骨の骨頭部分です。ですから骨盤の寛骨臼には手術では手を加えません。

手術の対象になるのは、転倒して大腿骨の骨頭付近を骨折した方です。

 

いずれの手術も術後早期より荷重(=体重をかけること)が可能で、翌日から歩行練習を開始し、早ければ1週間程度でT字杖歩行が可能となります。

 

またいずれの場合にも、手術後には脱臼のリスクがあります。脱臼は手術様式にもよりますが、多くの場合、股関節を屈曲・内転・内旋させた姿勢ににすると脱臼します。(脱臼肢位については主治医や理学療法士に必ず確ず確認してください)

 

例えば靴を履くときの

人工股関節置換術靴を履く脱臼肢位

このような姿勢も脱臼肢位となりますので、注意してください。

 

あともう1つよく言われ再置換術の件ですが、人工骨頭置換術の場合、もともと股関節が傷んで行った手術ではありませんので、寛骨臼自体に問題がなければ再置換術をすることはありません。

 

以上、人工股関節置換術と人工骨頭置換術の違いでした。

 

手術や手術のリスクについては著書に記載しましたので、よろしければご覧ください。

 

※2013/7/2 追記

人工股関節置換術や人工骨頭置換術の脱臼肢位(姿勢)についてまとめましたので、合わせてこちらをご覧ください。

人工股関節置換術・人工骨頭置換術の脱臼姿勢まとめ

スポンサード リンク