股関節痛での歩行困難、どう改善していくか

スポンサーリンク

股関節痛での歩行困難。解決の糸口は思わぬところにあるかもしれません。

股関節痛での歩行困難、どう改善していくか1

股関節周囲に痛みが出現すると、すべてが股関節の疾患ととらえがちですが、それは間違いです。

たとえば腰が原因で起こる股関節痛もあれば、膝が原因となるものもあります。

一般的な変形性股関節症や股関節唇損傷などの股関節痛とは分けて考える必要があり、もちろん治療方法も大きく変わってきます。

今回は股関節痛痛から歩行が困難になった女性から、ご質問をいただきましたのでご紹介致します。


スポンサーリンク



痛みの原因は?

股関節痛での歩行困難、どう改善していくか2

いただいた質問はこちらです。

題名:股関節の痛みから歩行困難に

性別:女性

年齢:40代

診断名:その他疾患

メッセージ本文:
1ヶ月前に股関節痛が徐々にひどくなり、寝返りがうてなくなり、左足が上がらなくなり、仰向けにも眠れずになり、最後は激痛で足が動かなくなってしまいました。

総合病院の整形外科に入院したのですが、骨には異常なし、MRIで左股関節を動かす筋肉が炎症を起こしている、左腰から上に向け静脈に沿って炎症を起こしているとのことでした。

しかし、炎症が100%原因とは言えない、原因は不明ということでした。他の科にも血管を診てもらったけれど異常なし。婦人科でも異常なし。

1週間後、炎症が 治まったところで退院となり、炎症を抑える薬と湿布を処方されました。入院中も同じものを使いました。

退院して3週間たちますが、仕事は事務仕事ですが、できるだけ歩き方、階段の上り方も気を付けたり、歩いたり、立ったりすることも短い時間を心掛けています。

プライベートでは家事はあまりせず、椅子と座椅子に座って生活するようにしています。以前は和室で座って生活だったのですが、それも痛みを伴うので椅子と座椅子の生活です。

少し調子がよくなると家事を少し(とはいっても5分~10分程度)すると、股関節が痛くなるので家では安静にする。安静にすると少しよくなるので、また家事を少しすると股関節が痛くなるので安静にする、といった繰り返しです。

回復するというより、後退しているようです。

退院して3週間は平日仕事をして、休日はほとんど動かないようにしている状態でした。

股関節通は20年ほど前からあって、歩く時間や立っている時間が長いと痛みを感じていました。それも他のひとと比べると短い時間でなるようです。

1ヶ月前の歩けなくなったときは、仕事が忙しく心身ともに疲労し、歩いたり立ったりする時間もいつもより長かったと思います。

今も仕事が忙しく、体をどうコントロールしていいのかもわかりません。他に原因があっても、どこで診てもらったらいいのかもわかりません。

リハビリや運動、ストレッチでよくなるのか、よくなるとしても方法がわかりません。どうしたらいいでしょうか?

こちらのご質問に対する私の回答がこちらです。

お問い合わせいただきましてありがとうございます。

先に結論を申し上げますが、メールを読む限りではどこか悪いとか、どうすればいいかというアドバイスをすることはできませんが、気になった点をいくつかピックアップします。

いつもブログでは申し上げているのですが、治療をするためにはなぜその痛みが起こっているのか、それを明らかにしないと前には進みません。

ですからまずは痛みの原因を明らかにすることが先決だと思います。

メールを拝読する限りでは、一般的な股関節疾患ではないと感じますし、担当された医師がおっしゃるように、炎症が100%原因ではない可能性が高いのではないでしょうか。

そうなると神経系の疾患も疑いたくなるのですが、

「股関節通は20年ほど前からあって、歩く時間や立っている時間が長いと痛みを感じていました。」と書かれていますので、まず最初にすべきは股関節の疾患なのか、そうではないのかを私ならはっきりさせるところから始めると思います。

その上で、他の原因を探っていくのですが、婦人科や血管系の疾患ではなかったということですよね。

私なら違う病院を受診することも考えると思いますが、違う病院の整形外科に受診しても、同じような結論になる可能性もありますので、絶対受診した方がいいと申し上げられないです。

メールを見て気になったところは以上です。

お力になれず、申し訳ございません。

こちらの回答に対して、後日ご返信をいただきました。

國津様

今朝、股関節の痛みで回答していただいた○○と申します。

原因をまず特定することからということで、まずは自分のこれからすべきことがはっきりとわかりました。ありがとうございました。

神経系に原因があるかもしれないとのことですが、先生も腰から上に向かって静脈に沿って炎症を起こしているのでそれが神経に影響を及ぼしているのかもしれませんと言っていました。

まだ原因がわかっていないうちに聞くのもおかしいですが、参考に聞かせてください。

もし神経が原因ならばその後の治療はどういったもの になるのでしょうか。

というのも現在仕事をしているため、休業もしくは退職も視野に入れて今後のことを考えています。

病院も行っていない状態で聞くのは本当に心苦しいのですが、よろしくお願いいたします。

股関節痛での歩行困難、どう改善していくか3

神経系の治療ですが、神経系といっても原因となる疾患はいろいろあります。

腰レベルで神経に悪さをするような病変なのか、神経内科領域の疾患なのか、対象とする疾患によって変わってきます。

整形外科で診察できるような腰の病変だった場合は、リハビリか外科的な治療になると思われますし、神経内科領域であれば投薬が中心になるでしょう。

治療は原因疾患や症状によります。

ですからそのような状況ですので、治療の話をする段階ではなく、まずは原因をはっきりさせることから始めてくださいといつも申し上げております。

まとめ

歩行困難になった股関節痛についてお伝えしてきました。

こちらの方には解決に直接つながるようなアドバイスができず申し訳なかったのですが、痛みが強い方や原因がわからず悩んでいる方にも必ず何か原因があるはずです。

まずはそのあたりを紐解いていくと、何かしら解決への糸口が見つかる可能性もあります。

その際、違う病院を受診される方もいらっしゃいますが、それで解決できるかどうかはわかりません。

それよりもいままでの診察の中で、何かしらヒントとなる検査結果や診断がでているはずですので、そこから可能性を探る方がいいでしょう。


コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節