産後の骨盤のゆがみや痛み、尿漏れは何科を受診すべき?

スポンサーリンク

産後の女性には様々なトラブルが起こることがありますが、今回は骨盤に関わるトラブルについて考えてみました。

産後の骨盤のゆがみや痛み、尿漏れは何科を受診すべき?

少し前に妻が出産したのですが、産後しばらくの間、骨盤ベルトを巻いていました。理由を聞くと「骨盤がゆるい感じがするから」ということでした。

妻も理学療法士なので自分の身体の動きの違いについてはよく分かっているはずです。

でも一般の方は骨盤がゆるい感じがしたときにどこに受診すればいいのか尋ねると、「そういうのを専門にやっている病院はないなぁ」と言われました。


スポンサーリンク



出産後の女性の骨盤のトラブル

産後の女性の骨盤に起こるトラブルとしては、大きく分けて2つあると考えられます。ひとつはゆがみや痛みなどを引き起こすもの、もうひとつは泌尿器系のトラブルです。

前者はゆがみが一般的に言われますが、先ほどの妻の例のようにゆるさの場合もあるでしょうし、ずれと言われることもあります。

また痛みは仙骨付近にある場合もあれば、腰痛や坐骨領域の痛みやしびれとして現れるものもあります。

後者は簡単にいうと尿失禁です。力んだときなどに尿が漏れるトラブルに悩まされます。

初産のときは産後の様々なトラブルは、産科で対応してもらえると思っている方も多いようですが、実は産科で診てもらえる領域はかなり限定されます。

子宮など出産に直接関わる部位が中心で、骨盤のゆがみや尿失禁などの周辺症状は、産科で取り扱ってもらえないことが多いです。

出産後に1ヶ月検診はあると思いますが、そこで腰痛を訴えても「そうですかぁ」と取り合ってもらえないというのはよく聞く話です。

ときどき、産後の骨盤を改善するヨガ教室を開催している病院を見かけますが、それも外部のインストラクターを招いて集団の体操のようなものです。

何科を受診すればいいか

では産後の骨盤に関わる症状は、何科で診てもらえばいいのでしょうか。

出産後に起こる骨盤のゆがみ

まず前者の骨盤のゆがみやゆるみ、ズレ、それに伴う腰痛などの痛みに関しては、整形外科の診察の領域になると思います

そもそも骨盤のゆがみとか、ズレとはは手で触れただけで分かるものではありません。レントゲンをとって確認しないのによくそんなことが言えるのかといつも疑問に思っています。

以前整形外科で勤務しているときにも、産後に骨盤周囲の痛みを訴えて来院されているお母さんがいらっしゃいました。

これらの骨盤トラブルは少し特殊なように思えますが、理学療法士がリハビリをする対象だと思います。

ここでひとつ疑問が。

赤ちゃんがまだ小さく、授乳中のお母さんもいらっしゃるでしょう。授乳中にレントゲン撮影をすることで、赤ちゃんが放射線の影響を受けない心配される方も多いです。

基本的には授乳中の単純レントゲン撮影は問題ないようです。もしご心配であれば、受診された担当医にご相談ください。

尿失禁の問題

ここで言う尿失禁は腹圧性尿失禁と呼ばれるもので、産後に咳やくしゃみ、重い物を持ったときなどに起こります。

尿失禁の問題は泌尿器科を受診するべきでしょう

泌尿器科では薬物療法や、骨盤底筋体操などの運動療法などの治療が行われます。

ただ一般的な泌尿器科では産後の女性を専門に診察しているわけではなく、細かく対応してもらえない可能性があるので、ホームページなどを調べて産後の女性の尿失禁の治療実績がある病院を選びましょう。

なぜ何科を受診するか悩むのか?

今回この記事を書こうと思ったのは、骨盤のトラブルは誰もが経験するのに、なぜどこに受診すればいいのか悩むのか、妻のひと言からそれが気になったからです。

インターネットで検索すると、「産後の骨盤のゆがみはおまかせ」「産後専門の整体」「接骨院で産後の骨盤のトラブルを解決」などなど、産後の骨盤施術を謳った広告は数多く見られます。

でもほとんどがよく分からないところばかりで、病院で産後の骨盤トラブルに対応している病院は少ないです。(泌尿器科は散見されますが、整形外科は皆無です)

病院のシステムを考えると、産科と整形外科はあまり関わりがあるとは言えないです。

病院で積極的にやっていないからこそ、よく分からない整体院などのビジネスチャンスが生まれるわけです。

でもこれってけっこう危ういと思いませんか。産後でまだ落ち着いていない身体を、全然知らない自称治療家に任せるのです。

なんか余計に悪くなりそうで、私なら絶対無理です。

まずはちゃんとした病院や医院を受診して医師の判断を仰ぎましょうね。

以上、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節