骨粗鬆症の治療についての最新の知識

スポンサーリンク

骨粗鬆症についての研究は日々進んでいます。

誰しも通る道なので、いまから最新の情報はチェックしておきましょうね。

骨粗鬆症の治療についての最新の知識

キーワードは「Wnt5a」。

将来的には、がんの骨転移や歯槽膿漏などの治療にも応用できる可能性があるようです。

どういうことなのでしょうか?その詳細をご紹介します。


スポンサーリンク



 骨破壊するたんぱく質を特定 治療に道

納豆が骨粗鬆症を予防 金大グループが解明納豆などに多く含まれる成分である「ポリアミン」が骨量の減少を抑える効果があるそうです。
大豆全般を毎日100g。食べられるかなぁ・・。
ビタミンE取り過ぎ注意 骨密度下がる可能性、慶大報告アンチエイジングのサプリメントとして人気の「ビタミンE」も摂り過ぎたらダメなんですね。

骨の形成と破壊を同時に制御する蛋白質以前お伝えしましたが、骨粗鬆症については、「再生と破壊のバランスが大事」なんです。(以前紹介した記事:骨再生の「司令塔」細胞が特定されました
今回再生と破壊に同時に作用するタンパク質が発見されました。


おまけ
骨粗鬆症の検査といえば、DXAやMD法、超音波が有名ですが、最近は尿検査でもできるんですね。しかも自宅で。

楽天ブックスで「骨粗鬆症」の本を探していたら、こんなものがあって気になったので載せておきます。

でも信用性はどうなんでしょうねぇ・・・。

【骨粗鬆症 検診】郵送健診 郵送検査 自宅検査 自宅検診キット※2セットで送料無料※骨粗鬆症が…

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節