股関節の手術数ランキングなんてどうでもいい

スポンサーリンク

ある患者さんから以前こんな質問を受けました。

「あの本に掲載されていた先生のところで人工股関節置換術の手術をしようと思うんやけど、どう思いますか?」

一瞬間を置いてから、私はこのように伝えました。

「ご自身が良いと思うなら、いいのではないでしょうか」

その答えを聞いて患者さんは笑顔を浮かべて、手術を決められました。


股関節の手術数ランキングなんてどうでもいい2

最近、本屋にいくと「病院ランキング」や「手術ランキング」なる本がたくさん売られています。しかも平積みであることが多く、気にはしなくても勝手に目に入ってきます。

どんな本なのか気になったので覗いてみると、いろんな病気やケガの手術件数が病院ごとに書かれています。

その中にはもちろん人工股関節置換術や人工膝関節置換術も掲載されています。

ガンの手術件数などはどこが多いのか検討がつきませんが、股関節の手術であれば手術件数の多い病院はだいたい予想がつきます。

掲載されているランキングはだいたい予想通りの内容ですね。

先ほどの患者さんが手術を受けたいとおっしゃっていた病院も、しっかり入っています。

でもこの手術ランキングをどこまで信用していいものなのか、悩むところですよね。


スポンサーリンク



手術を受けるときはどうやって決める?

股関節の手術数ランキングなんてどうでもいい

患者さんが手術を受けるとき、街のお医者さんから紹介された病院で受けられる方もいらっしゃいますが、ご自身で探される方も多いです。

そんなとき参考にするのが口コミであったり、今日の話題である手術数ランキングであったりするわけです。

口コミを調べるのは簡単ですよね。インターネットで病院名や医師名を入れて検索すればたくさんの情報を見ることができますので、あとはその中の情報をどう吟味するかですね。

そして手術数ランキング。これも患者さんにとって重要な因子となります。

そりゃそうですよね、自分が手術を受けるとしても、手術を全然していない病院や先生と、手術をたくさんされている病院や先生、どちらにしてもらいたいかと言えば、もちろん後者です。

外科医にとっては経験は大きな武器になりますので、やはり件数は多いに越したことはありません。

ただしそれが全てかと言われればそうでもないのが難しいところです。

一定水準あれば後は◯◯

以前ある整形外科医にこんな意地悪な質問をしたことがあります。

「先生が股関節の手術を受けるならどこで受けますか?」

そうするとその先生はこんなことをおっしゃっていました。

「一定水準あればどこでもいい。全くやっていないのはたしかに問題外だよ。

でも私が関わっている医師はみな高い水準を維持しているから、誰にだって任せることはできる。そして最後は人間を見ればいい。」

普通に手術をしている病院ならそんなに大きくは変わらないとのこと。そして最後は自分が信頼できると思った人間に託すのがいいとのこと。

医師なら、あそこの先生は凄いとか、どこどこの先生は上手じゃないとか、そんな話になると思いきや、意外な答えが返ってきました。

結局最後はその人に任せられるか、その部分が大事だということです

この話を聞いた後、私はどの先生がいいか聞かれても、「ご自身が良いと思うなら、いいのではないでしょうか」と答えています。

人間的に信頼できるかどうかも、実は手術をして良かったかどうかの大きな要因になります。

そういう意味で、ご自身の身を委ねられる医師を探すのが最重要になるでしょう。

手術を決めるのは、決して口コミや手術の件数だけではありません。実際にお会いしてじっくり話して考えましょう。

コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節