股関節痛の原因となる​身体の左右差

スポンサーリンク

股関節痛を抱えている患者様によく診られる特徴として、身体の左右差があります。

この左右差ですが、例えば座っているとき、立っているとき、歩いているときと、様々な場面で、身体に影響を与えてきます。

そう、身体の左右差は必ず身体に影響を与えます

ではどうすればいいのでしょうか???

よく言われている方法では、歩行のときなどに、左右の手の振りを同じするとか、歩幅を同じするとか。

でも半分正解で、半分不正解です。

私が治療で気をつけていることは、身体の左右差は必ず存在するので、それがどんな影響を与えているかということです

この左右差があると、どこの筋肉に負担がかかるのか、どこの関節が痛くなりそうか、違う部位への波及はないのか、そんな目線が必要になってきます。


スポンサーリンク



なぜ半分正解で半分不正解なのか?

先ほど半分不正解と書いたのは、この目線なしに、ただ腕の振りや歩幅を変えたとしても、負担のかかる筋肉には余計に負担がかかりますし、痛む関節は余計に増えていくだけです。

まず先に行うべきは、腕の振りや歩幅を変えることではなく、身体の特徴を把握し、その身体特徴を改善すること。

それはスポーツでも同じことで、ハンマー投げで遠くに投げたいからといって、ひたすらハンマーを投げ続けてもあまり距離はのびないでしょう。まずは必要な筋肉を個別に鍛える必要があります。

身体の左右差は必ずあります。

それに気づけることが、治療の第一歩かもしれませんね。

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節