これ以上制度に振りまわされないために自分たちにできること

スポンサーリンク

股関節痛み原因治療 制度に泣かされる

「制度ですから仕方ないです」、「決まりになっていますから」と言われ、治療現場で涙を飲んだことはないですか。

先日お伝えした制度上の問題に悩んでおられた患者様から、以前メールをいただいておりましたので今日はご紹介させていただいます。

このHPに出会えて嬉しかったです。5、6年変形性股関節症にかかっており、皆様の多くのように我慢して、手術には若過ぎると3件の大きな病院で同じ事を言われ、4件目の病院で即手術の話があり、決断しました。

〇〇在住△△歳女性です。両脚人工股関節手術を20××年×月×日(左)、×日(右)をして6週間の入院生活、その後毎日自宅自主トレ約30分、外来リハビリ週1~2回(約2時間)している最中です。

入院中大変嫌な経験をしました。

担当PT2名が初めからずっと面倒をみてくれて、私の身体を私以上に熟知している上、仲良くなり、入院中のリハビリは楽しみにもなり、頑張れました。

が、退院後は外来PTに変更になり、納得できなかったので院長や、PT責任者に直接話しました&御願いしました。どうしても嫌だと。。。

でも結局は病院のシステムだということで、患者の心なんてちっとも考えていないとわかり非常にガッカリしました。

毎日一緒だった看護師さんたちも同意してくれて協力してくれたのですが、ダメでした。まして今までのPTさんは引き続きやってくれる意思はあったものの逆らえず、決まりだし。。本当に辛かったです。

(中略)

今は、仕方なく外来PTに御願いしていますが、以前とは全く違う私の気持ちで多くの時間はマシンと戦って殆ど楽しく会話をすることもないです。

自分にとってはとにかくリハビリをきちんとすることが第一なのは良く理解していますが、やはり身体と心は繋がっていると思うのです。

つまらなく、めげそうになるリハビリ室の私を、入院PTだった先生や、同じリハに通ってる仲間から励まされて頑張っています。

経営は大事でしょうけれど、もう少し患者の心を考えるべきだと思います。勝手な意見だとは思いますが。

また左は物凄く順調だったのに、右は全く力が入らず困ってます。これも□□だと思いますが、そういうことは一切病院側からの説明もないまま、黙っていたら私の筋肉のせいだけにさせられて、、、どうしてきちんと説明できないのでしょうか?

いくらPTが頑張っても、担当医がきちんとしていなかったら、どうしようもないことがわからないのでしょうか?

長々とすみません。でも言いたかったことは、このHPを色々見ていて、よく患者の立場になって考えてくれている先生がいたという嬉しさでした。これからも頑張ってください。

(プライバシー保護のため一部修正しています)

股関節手術までの経緯では、「股関節痛=手術」と、いまの股関節痛治療の現場ではこの流れが多いです。

もちろん保存療法に理解ある医師もいらっしゃいますが、まだまだ少ないですよね。

理学療法などの保存療法でも、しっかりケアしていける方も、たくさんいらっしゃるとは思うのですが・・。

手術後のリハビリについても、

「システムだから」

「制度だから」

と言われることが多いです。

正直私もその壁に直面しておりまして、もどかしいです。

関係ないですが、私はけっこうおしゃべりで、会話の中から信頼関係を築いていくようにしておりますが、時間的に余裕がなく、それができなくなってきてるんですよね。

患者様中心に、必要なリハを必要なだけ、これはもう難しいのかもしれません。

これからの理学療法、どうなっていくんでしょうね。

コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節