股関節痛を改善する手術以外の方法は?

スポンサーリンク

股関節痛をあきらめていませんか?

股関節痛を改善するために、もしかしたら手術以外の方法があるかもしれません。

股関節の痛みについては諸家の研究により、いろいろなことが明らかになっています。

でもまだまだ「股関節痛=手術」という図式が色濃く残っています。

これは想像しているよりも、強いかもしれませんね。

今回は股関節手術をすすめられている方へのアドバイスです。

病院で医師はあまり話してくれませんが、手術を検討されている方、そして股関節痛で病院を受診する人はぜひ知っておいてください。

それではいってみましょう!


スポンサーリンク



病院でつくられる痛み

つらい股関節痛をどうにか治したいと思って、有名な股関節専門医を受診すると、レントゲンを見て「手術するしかありません」といきなり言われたことはありませんか?

「手術!!」と驚かされた上に、「進行する」、「治らない」と言われると、不安になりますよね。

でもこんな経験をしたのは、あなただけではありません。

「なんとか手術をせずに治療していきたい」と思っても、残念ながら股関節の保存療法を専門とする医師は日本全国探してもほとんどいません。

「じゃあやっぱり手術をしないといけないの?」

いえ、股関節の痛みを改善する方法は、手術以外にもあるかもしれません。

保存療法とセルフケアをしっかり行なっていけば、股関節の痛みを改善できる可能性があります


スポンサーリンク



セルフケアへの理解を高める

では、股関節のセルフケアやリハビリテーションって、どんなことをすればいいのでしょうか?

股関節のリハビリテーションといえば、

「筋肉をつけなさい」

「体重を減らしなさい」

「杖を使ってかばいなさい」

などが一般的ではないでしょうか。

たしかに筋肉は必要ですし、体重は軽い方がいいです。また杖を使うと楽に動くことは可能です。しかしこれらは、正しくないこともあります。

筋肉をつけるときには、正常な筋肉が必要です。

股関節に痛みを抱えている方は、筋肉が正常な状態ではないことが多いです。

正常な状態ではない筋肉を鍛えると、痛みが増すこともあります。

また体重を減らすときには、必要な筋肉まで落ちてしまうことがありますし、杖を使い続けると、正常な動きまで制限してしまうこともあります。

良かれと思って行なっているリハビリテーションが、実は股関節の痛みを助長してしまってるかもしれません。

まとめ

股関節の痛みの原因を理解しましょう。

股関節は生活洋式や姿勢、歩行によって影響を受け、それらを考えていくことで股関節の痛みも大きく左右されます。

股関節の痛みの原因を知ることで、股関節痛としっかり向きあうことができます。そうすれば、いつまでも自分の脚で歩く未来が見えてきます。

股関節痛をあきらめるのではなく、積極的に向き合う姿勢、それが大切です。

一生自分の脚で歩くために、自分でできる股関節ケアを始めてみませんか?

コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節