変形性股関節症と遺伝の関係は?

スポンサーリンク

変形性股関節症には関係があるのか、気になる方も多いのでないでしょうか。

関係ある?関係ない?どちらでしょうか?

1_thumb.jpg

「母親が変形性股関節症だったから私もそうなったのか?」

変形性股関節症と遺伝、これについては治療中によく聞かれます。

またお子様がいらっしゃる方なら、お子様が将来自分と同じように変形性股関節症に悩むことになるのではと、心配される方もいます。

変形性股関節症と遺伝

結論から申し上げると、

「変形性股関節症は遺伝します」

と、言い切りたいところなのですが、実際にはちょっとした言葉のあやも含まれています。

どういうことかと言いますと、変形性股関節症は遺伝すると、現時点で変形性関節症に関連する原因遺伝子についての報告がなされているのですが、股関節症に特異的な原因遺伝子の特定に至っていません。

またこれらの遺伝子は日本人においては関連性がありましたが、欧米人では関係なかったようですね。

このあたりは、変形性股関節症になる原因が日本人と欧米人で違うことも考慮にいれないといけません。

日本人

→ 二次性 何らかの原因疾患に起因する

欧米人

→一次性 原因となる疾患がなく、生活・仕事・スポーツなどに起因する

あと、関節の軟骨に関しては遺伝の影響があり、遺伝により通常よりも軟骨が弱っていることによって、変形性股関節症になりやすい方はいるようです。

一次性、二次性による違いや、日本人と欧米人の違いなど、解明されていない部分は多いです。

しかし少なくとも、家族に変形性股関節症の方がいらっしゃるというのは、治療していく上で1つの資料にはなりそうですね。

本日の話題は以下の本を参照しました。一般の方向けの本なので、ご興味があればご覧ください。

コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節