股関節の蹴り出しができていますか?

スポンサーリンク

股関節痛をお持ちの方と歩行練習をするとき、「お尻の下あたりで振り出す感覚で」とお伝えしています。

「お尻の下で振り出す???」、そうお尻の下あたりで振り出します。

最近その感覚をお伝えするのに、苦労しています。


前回歩くときのコツとして、踵から接地し、ガツン、ガツンと衝撃が加わるような歩き方は辞めましょう、というお話をしました。

今日は「お尻の下あたりで振り出す感覚」のお話です。

「お尻の下で振り出す?」と疑問に思うでしょう。私も知らなかったらそう思います。


疑問に思った方は、ぜひ読んでください。その謎が解けますよ。

スポンサーリンク



歩行時に大事に股関節伸展

リハビリテーションにおいて、人の歩行を「歩行周期」として捉えることがあります。1つの歩行周期は踵が接地した瞬間から、次に同じ側の踵が接地する瞬間まで。

例をあげると、右足だけに注目して(左足だけでもいいのです)、右踵が地面に接地した瞬間から、右足に体重がのって、後ろに蹴り出して、床から離れて前方に降りだして、また右踵が接地する瞬間までです。

股関節痛み原因治療 股関節伸展

歩行周期の中盤から後半にあたる期間に、足を後ろに振り出していく時間があります。写真でいうとこんな感じになっているときです。

この瞬間って以前もブログに書きましたが、しっかり股関節が伸展してることが必要です。(伸展が分からない方はこちらを参照してください)

参照:股関節伸展

このときにしっかりお尻の下あたりで振り出せているでしょうか?お尻の下あたり、すなわち股関節のことです。

歩行周期で言う中盤から後半にかけても、股関節に負担がかかります。

この瞬間に股関節に負担がかからないように、しっかり振り出す必要があるのですが、股関節痛を抱えている方は伸展方向の動きがかたい人が多く、股関節の振り出しができていない人が多いです。

「お尻の下あたりで振り出す感覚」というのは、私がイメージしてる表現で、「ヘソの下で振り出す」と表現するセラピストもいてます。

みなさんはお尻の下あたりで、しっかり振り出せていますか?

お尻の下あたりで振り出してる感覚、難しいですけどイメージすることから始めてみましょう。

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節