胸を張るのが良い姿勢ではない その理由とは?

スポンサーリンク

胸を張るのが良い姿勢?本当にそうなのでしょうか。

胸を張るには良い姿勢?

理学療法士のリハビリを受けられたことがある方なら、こんなことを一度は言われたことがないでしょうか。

「はい、胸を張って!」 

立位時にしろ、歩行時にしろ、前かがみになる患者さんは大変多いので、治療時に理学療法士が必ずといっていいほど「胸を張りましょう」と声をかけます。

ただ一見良さそうな「胸を張る」姿勢には、意外な落とし穴が潜んでいます。


スポンサーリンク



骨盤前傾を導く体幹の伸展

胸を張ることで一見身体はまっすぐ良い姿勢になったように思えます。

ただ胸を張ることを意識すると胸椎はあまり動きませんので、腰椎の前弯強めることで胸を張ったと勘違いしてしまいます。

胸椎が動きにくい理由

脊柱、いわゆる背骨には頚椎、胸椎、腰椎、仙椎があります。(成人では仙椎は癒合して仙骨となっていますので、この話題からは除外します。)

頚椎や腰椎に比べて胸椎はあまり動かすことができません。

2013-12-02_08h15_26

人間の骨模型を想像すれば理解できると思うのですが、胸椎の周りには肋骨があります。

胸椎と肋骨は関節を持ちつながっています。

そのため胸椎の動きは肋骨の影響も受け、単独で動かそうとしてもなかなか思うように動かせません。

逆に頚椎や腰椎の周りには何もありませんので、ある程度自由に動かすことができます。

ただしヒトの身体には運動連鎖という動きのつながりがあり、頭部や骨盤の影響は必ず受けます。

腰椎の前弯が強くなるとどうなるのか?

まず背筋群の過剰収縮により、筋性の腰痛が生じそうですね。

また前弯が強まった姿勢をとり続けることにより、上下の椎間の形態も変化し神経性の腰痛が生じるかもしれません。

臼蓋形成不全の患者に多い姿勢

異常姿勢は他の部位に影響を及ぼします。

運動連鎖により骨盤の前傾肢位となり、腸腰筋が本来の力を発揮でくなります。

また腸腰筋が短縮すると股関節の伸展可動域に制限が起こり、歩容にも影響を与えます。

 股関節に可動域制限があると歩行は大きく変わり痛みは増える

これは臼蓋形成不全の患者さんに起こる病歴とよく似ていますね。

まとめ

リハビリでよく指導される立位姿勢について考えてきました。

普段心がけている良いと思われる姿勢も、実は身体を知らず知らずに傷つけていることはよくあります。

自分が思っている良い姿勢は実は良い姿勢ではない可能性もあります。

リハビリを受けられても、短期間で終了しその後のフォローを受けておられない方は特に注意が必要です。

いま一度自分の姿勢を見つめなおす機会を持ちましょう。

コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節