股関節症の方へ 歩行時の蹴り出しを坂道で体験する方法

スポンサーリンク

股関節に痛み抱える方にとって、姿勢や歩行は現在と今後の痛みを左右する重要なポイントとなりますが、うまくできている方は少ないです。

歩行時のポイントはいくつかありますが、今日お伝えするのは立脚後期の股関節伸展についてです。

立脚期とは歩行周期の中で脚がついている期間のことです。その後半には股関節をしっかり伸展することによって、股関節にかかる負担を軽減することができます。

ただし股関節に疾患を抱えていると、様々な原因で股関節が伸展しにくく、立脚後期に股関節をしっかり伸展することができません。

「できません」と書くと、少し語弊があるかもしれませんね。

ご本人はしているつもりかもしれませんし、それ以前に立脚後期にしっかり股関節の伸展をつかって蹴り出すことが必要ということを知らない可能性もあります。

「えっ?知りません」という方も多いですかね。もし知らなければ先にこちらをご覧ください。

参照:股関節の蹴り出しができていますか?

股関節の蹴り出しっていままで知らなかった人にとっては、なかなかイメージすることができないです。

そんなとき股関節をしっかり伸展して蹴り出す歩行を体験する方法をご紹介します。

それは、坂道を歩くことです。

股関節痛 坂道歩行②

坂道って小股で歩くと難しく、登るためには脚を後方へ残してしっかり蹴り出す必要があります。

股関節痛 坂道歩行

ですから坂道では普段立脚後期に股関節の伸展が少ない方も、股関節を伸展して蹴り出さざるをえない状況になっているはずです。

ただし坂道を意識しすぎると、体幹を前傾してしまい、本来の目的とは違う歩行になってしまいますので、注意してください。

股関節痛 坂道歩行③

あくまで今回経験して欲しいのは立脚後期の股関節伸展です。しっかり股関節を伸展させて蹴り出していることを感じてくださいね。

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節