変形性股関節症とヒアルロン酸

スポンサーリンク

グルコサミンやコンドロイチンなどのコラーゲン類がいろんなところで販売されています。

通販番組はもちろん、新聞、折込広告、ドラッグストアなど、欲しいと思えばいつでも手に入るのです。

グルコサミンやコンドロイチンなどのコラーゲンに関してはいろんな諸説が言われていますよね。

これらに関する質問は患者さんから本当によく受けます。

ただし近年の医学界の流れでは、「軟骨を再生することはない」というのが通説になっております。

でもそれって本当なのでしょうか?

今回はサプリメントやヒアルロン酸のウソホントをご紹介します。


スポンサーリンク



サプリメントの効果

サプリメントの効果については、以前ブログでも取り上げさせていただきました。

参考:サプリメントの効果

簡単に申し上げると、いまの医療の世界ではこれらのサプリメントを飲んだから効くっていうわけじゃないのです。

でも、ほんとによく質問されるんです。

「先生、コンドロイチン飲んでるけど、ダメ?」

もうかれこれ何百回は同じ質問を受けていると思います。

これだけ質問がくるということは、コンドロイチンやグルコサミンの信者がたくさんいるっていうことでしょうね。


スポンサーリンク



コラーゲンの構造

コンドロイチンやグルコサミンなどのコラーゲンは、なぜ軟骨を増やすことができないのでしょうか。それを考えるには、コラーゲンの構造と人間の消化の仕組みが関係してきます。

コラーゲンにはとても長い羽根のような分子構造をしており、その羽根に水分を蓄えることができます。コンドロイチンやグルコサミンを飲むと、身体に吸収されるわけですが、このときにすでに長い羽根のような分子構造はなくなっています。コラーゲンは姿を変えてしまってるんですよね

ですから、飲んだコラーゲンが股関節や膝関節の軟骨に直行して、傷ついた軟骨と置き換わって一件落着、なんていうことはない、というのが通説になっています。

「サプリメントや薬を飲む」という痛みのない治療法はなかなかないのですが、高分子のヒアルロン酸を関節内に注射すれば、炎症を抑えたり、潤滑液の役割をします。

まとめ

テレビや広告の影響って大きいので、なんとなく買ってみたくなりますが、効果を期待することはできないかもしれません。

それよりも日常の姿勢や歩き方を見直す方が、よっぽど良い薬になると私は思いますよ。

一緒にがんばりましょう!

コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節