股関節の治療や効果に対する疑問 なぜ私だけ治らない?

スポンサーリンク

股関節の治療やその効果について、今回は考えてみたいと思います。

股関節治療の効果と疑問1

私たちが当たり前のように使うインターネット上。そのインターネットを使って調べれば、股関節や膝痛、脳卒中などの、たくさんの治療法や治療効果が紹介されています。

もちろんこの股関節ブログもそのひとつなのですが、インターネットで治療法や効果を調べても有用な情報は本当に少なく、その情報を見極める目が必要です。

インターネットで調べると、効果が期待できる治療から、「これは良くならんやろう」と眉唾物の治療まで、本当にいろいろです。


スポンサーリンク



情報に流されないためにできること

現在の情報の流れや、どう活用するか考えてみました。

SMSが火をつけた?

SMSでの情報発信

インターネットが普及し、症状や治療、その効果などが調べられるようになって、約15年ぐらいになるでしょうか。

それまでは一人で不安だった患者さんが、同じ境遇や疾患を抱えている方とつながっていけるようになりました。それはすごくいいことだと思います。

さらに最近では個人が簡単にブログで情報を発信できるようになりました。

ブログが書けなくてもtwitterやFacebookなどのソーシャルメディアで、何万人、何十万人もの知らない人たちに情報を発信して、共有することができるようになりました。

ブログやソーシャルメディアが医療情報の伝播にも、大きな影響を与えてきたでしょうし、当面は与え続けるでしょう。

誰一人同じ人はいない

ただし先ほど紹介した記事でも述べたように、インターネット上に氾濫している情報は、一歩取り間違うと危険な可能性も秘めています。

たとえば、同じ歳、同じ性別、同じ疾患、同じ手術でも、術後の成績や予後は変わってきます。

股関節の疾患・手術同じものはない

同じ両親から生まれた子どもの成長が違うように、同じ疾患や年齢でも、筋力や運動歴、立位姿勢、歩き方、性格、職業など違うことばかりなので、治療成績や効果が変わってくるのは当然です。

これは手術療法だけにいえたことではなく、保存療法でも同じで、同じストレッチや筋トレをしても、どのようになるかはわからないのです。

ただ保存療法の場合は、プランを変更してより良いものを探っていけばいいのですが、手術をした場合はそうはいかないので、このあたりは慎重にならざるをえません。

溢れている情報はひとつの目安

股関節情報 深追いしない

最近いろんな人のブログやSMS上の書き込みを眺めていると、

「この人はしっかり理解できているから良くなりそう」

「この人はちょっと危ういなぁ」

というのがなんとなく想像できるようになってきました。もちろん100%当たるわけではないですが。

「私だけがよくならい・・・・」と考えるのは、人間ですから仕方がないです。

そんなときインターネットで調べたくなるのですが、先ほどから何度も書いているように、結局他人と比較しても意味がありませんので、あまり流されないようにして、少しヒントを得るぐらいにしましょう。

まとめ

インターネットを通じてたくさんの情報が得られる便利な社会ですが、本当に自分にとって有用なものは少ないです。

ブログもソーシャルメディアも、本当にしっかりと見極めないと、余計に自分が病んでいきます。

他の人との比較も、あまり意味がないと私は考えていますので、自分だけの効果のある治療法を探していきましょう。

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節