人工股関節置換術(THA)手術計画システム

スポンサーリンク

術を計画する?そりゃもちろん計画しないといけないのですが、その手術を支援してくれるシステムがあるんです。


昨年の日本股関節学会でも取り上げられておりましたが、3次元手術計画システムというものがあります。

この3次元手術計画システムって実際、どんなものなのでしょうか?

この3次元手術計画システムをいうのは、3次元CTから構成した骨形状モデル上で術者が対話的に患者さんに適した人工関節の選定、設置位置・角度を立案する手術計画システムです。

あまり聞き慣れないこのシステム、どんなものなのか一緒に見ていきましょう。


スポンサーリンク



人工股関節置換術の手術最前線

昔は、レントゲンを診ながら、角度を考えたり、線を引いたり、言うなれば設計図を書く仕事があったわけです。

設計図を書く仕事も、いまはCADというソフトがあってパソコンでしますが、同じようにパソコンで行うんです。

でもこの手術に至るまでの前処理作業がいろいろありまして、けっこう難しいようです。具体的には、

・股関節は自由度が高いので、複雑な作業が要求されること。

・脚長差や関節可動域といった、いろいろな評価値の条件を

・同時に満たすように調整するとき、多大な試行錯誤が必要

となることがある。

いろんな問題をはらんでいるため、また専門的に扱える先生がまだまだ少ないため、このシステムは多くの一般病院には普及していません。

このシステムが普及して、しっかり専門医がいらっしゃれば全国どこのいても、一定水準の手術を受けられる?ということでしょうか。


今後の発展が楽しみです。

文献)
・鍵山 善之, 高尾 正樹, 中本 将彦, 菅野 伸彦, 吉川 秀樹, 大城 理, 多田 幸生, 佐藤 嘉伸: 人工股関節手術計画における骨盤側および大腿骨側計画の関節機能評価に基づく自動統合法 . 生体医工学. 47 No. 1: 88-98, 2009 .

・菅野伸彦:ナビゲーション手術の実際.第37回日本股関節学会 教育研修講演3,2010

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節