治らない腰痛や股関節痛 でもその治療はダメでしょ

スポンサーリンク

先日Yahoo!のニュースを見ていると、下の方ある広告が目に入ってきました。どうも腰痛治療の広告のようで、かなり気になる内容でした。

腰痛と股関節痛の怪しい治療1

「何やろ?」と理学療法士としての心がくすぐられてボタンを押しました。そこで見たものはちょっと疑いたくなるような内容でした。


スポンサーリンク



本当にその方法で治るのか?

最初に飛び込んできたのは、

「絶対手術はしたくない」

「痛みやしびれがひどくて歩けない」

などの文句でした。

ただこういう宣伝文句には私は流されません。この時点で気になっているのは「どんな商品?どんな治療なの?」ということです。

そして掲載されていたのがなんと◯◯(あえて伏せておきます・・)

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
がっかりというか、ショックというか、なんじゃこりゃっていうか。「なんでこんなもの?」という疑問を抱きましたが、値段を見てさらにびっくり、うん万円以上もするではないですか。

こんなしょもないもの誰が買うねんと思いながらも、ひと通りサイトを見ましたが、うさんくさい話のオンパレード。

「◯◯大病院で実証された」

「△△%の人が満足されています」

「私も推奨しています!」

「こんなのを物理療法を専門に研究されている理学療法士が見たらどう思うんやろうなあ」というささやかな疑問と、「こんなもの買う人いるんかなぁ」という疑問がわいてきました。

何を信じるか見極める目

治らない腰痛股関節痛2

医療や健康分野でいうと、全然効果が実証されていないものでもたくさん売られていますよね。「これを食べればガンが治る」とか、「この水を飲めば脳腫瘍が小さくなった」とか、そういうものです。

股関節の痛みに関するものでいえば「もめば治る」とか、「股関節痛の原因は△△筋だ」とか。

しかもそういう怪しい商品ほど高い広告費をかけて、Yahoo!やGoogleの検索エンジンの上位で表示されています。

以前ブログでもとりあげましたが、何かを調べて1ページ目に表示される10個のサイトのうち、本当に役立つ情報なんて2つか、3つぐらいで、あとは怪しい広告や治療院のホームページがほとんどです。

なんでこんなものにひっかかるんだろうって、疑い深い私は考えてしまうのですが、ガンとか脳腫瘍、股関節でも痛みがひどい場合には藁にもすがる思いで信じてしまうのですかねぇ。

まとめ

インターネットで調べればなんでも目にすることができる便利な世の中だからこそ、そこから得られる情報が正しいのか正しくないのか、それを調べることも必要なのでしょう。

情報を見極める目が必要ですよ。

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節

2件のコメント

  • 高瀬 美由起

    はじめまして。私は、51歳の主婦です。
    6~7年ほど前まで週3回程度スポーツをしておりましたが、主人の転勤による転居と、その際に頸椎ヘルニアの症状がでたために、一年以上運動量が激減しました。また、それを機会にどんどんと体重が増えてしまいました。
    そして、5年前に、股関節の違和感と、太もも・ふくらはぎ・足首と場所が特定できないのですが、夜も眠れないような痛みが毎日続き、普通に歩行もできなくなったために、病院で診察を受けました。
     「臼蓋骨形成不全による股関節痛」であると、診断を受けましたが、「痛みの程度と病状の程度は違う」とのことで、薬を頂いたのみの経過観察となりました。
     股関節の手術では全国的にも有名な病院でしたが、リハビリや筋トレなど何も医師からの指示もないままでした。

     そうこうするうちに、だんだんと痛みが軽減し、3年前に嘘のように痛みがなくなり普通に生活できるようになりました。
     しかし、今年に入り、日常生活でバタバタ体を動かした時に、やはり痛みが生じるようになりました。

     國津先生の、HPを拝読させて頂き、確かに、「腰がつる。」「腰が痛む」というのが前兆か同時に起こっております。また、この何年かの間に、疲れのひどい時や、股関節に違和感のある時に、体の背面の「コリ」をほぐすと歩行が楽になりました。

     痛みのない生活を送れるように、一度、國津先生に、診るて頂き、いろいろお教えねがえますでしょうか?

     私は、福岡在住ですが、兵庫に娘と息子が住んでおりますので、先生に診ていただけますようでしたら、前日より息子の世話になろうと思いますので、よろしくお願い致します。

    • 股関節PT 國津秀治

      高瀬美由起様

      はじめまして。コメントありがとうございます。

      おっしゃるように、腰と股関節は大変重要な関係だと思います。

      詳細はメールにて返信しますね。

      失礼致します。