股関節痛と痛み止めや温熱 その効果と予後

スポンサーリンク

治療においては痛みとどう向き合えるか、そして動作や姿勢を見直し改善して運動していくこと、それが重要な要素となってきます。

先日ある理学療法士がこんなことを言ってました。

「痛み止めっていいのですが治るわけじゃないので・・・。理学療法士としては運動療法に活路を見出したいです」

先に申し上げておきますが、痛み止めの注射や投薬、温熱療法は痛みが強いときには役立つものだと思います。

使用自体を否定するわけではありません。

ただ痛みを緩和させてしまうことで、どんなときに、どんな痛みが出現するのか、問題がぼやけてしまうこともあります。

実はそれが治療時には意外とネックになる可能性があります。


スポンサーリンク



痛み止めや温熱で痛みは治るのか?

立ち仕事が多い方、忙しい主婦など、どうしても痛み止めに頼らさるを得ない方はたくさんいらっしゃいます。

ずっと寝ているわけにはいきませんから、動くために痛みをどうにかしたい、その気持はよくわかります。

ただし痛みはヒトの身体が傷つけられているサインを示すものですから、痛み自体を麻痺させて良くない運動を繰り返すことは、返って身体を傷つけてしまうことになります。

またよく言われているように、痛み止めを服用し続けることによって、薬の作用に慣れてしまい、より強い薬を求めるようになっていきます。

薬の副作用

どんな薬でも完全に無害ではありませんので、胃痛など何かしら副作用をもたらします。ですからできるだけ薬は飲まない方がいいですよね。

もちろん痛み止めを飲んでいる方もそれは理解されていると思います。

まとめ

臼蓋形成不全や初期の変形性股関節症、股関節唇損傷においては、どの姿勢や動作で、どんな痛みがでるのか、それを改善していくことが痛みの改善につながるのです。

接骨院や一部の医院で行われている温熱や電気治療のみの治療では、一時的に改善した感じはするかもしれませんが、長い目で見ると前向きな治療とは言えません。

痛み止めや温熱は一時的な痛みの緩和をはかることはあっても、問題の根本を解決するわけではありません。

痛みと向き合う

痛みが強いと痛み止めや温熱療法に頼りがちですが、痛みと向き合いながら、姿勢や動作を見直して運動を工夫することこそ、保存療法には必要なのです

これは手術をされても同じです。股関節唇損傷で内視鏡の手術を受けた後でも、人工股関節置換術を受けた後でも、姿勢や動作を考えていくべきでしょう。

暖かくなり外出して行動量も増える季節となりましたね。いまこそ姿勢や動作をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

 

lpバナー股関節