痛みに関する書籍

スポンサーリンク

痛みに関する知識を網羅しているおすすめの一冊

「痛みって何?」という方にぜひおすすめしたいのが図解入門よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book)です。

この本は痛みを知るには最良の書です。

おすすめポイント1
痛み・鎮痛の基本としくみ

良いところ6

  • 痛みのメカニズムから種類、抑える方法まで、一般の方には詳しすぎるほどの内容。
  • イラストが多くて分かりやすい。
  • 腰痛や膝痛など、症例別の解説もある。

良くないところ4

  • ボリュームが多すぎる。(まあこれはデメリットではないですが・・・)

おすすめ度は?2

この本に関しては、本当は六つ星、七つ星をつけたいくらいです。

どんな人におすすめ?

  • 何かしら痛みを抱えている人(知識がないと向き合えないので)。
  • 薬やリハビリで痛みが治らない人。
  • 理学療法士や作業療法士の学生・新人。
  • スポーツトレーナー。

痛みと向き合うには絶対おすすめの一冊

東京大学の笠原先生が書かれたしつこい痛みは「日記」で治るです。痛みを日記で見直していくという内容です。

目からウロコというか、本当にこれができたら痛みをコントロールできそうです。

おすすめポイント1
しつこい痛みは日記で治る

良いところ6

  • 痛みとの向き合い方について詳しく書かれている。
  • 手術前、手術後、またどの部位でも痛みを抱えいる全ての人に使える内容。

良くないところ4

  • 手っ取り早く痛みを治したい人には不向き。
  • ストレッチなどの運動は書かれていない。

おすすめ度は?2

どんな人におすすめ?

  • 慢性的な痛みにお悩みの人。
  • じっくり痛みと向き合える人。