股関節に関する書籍

スポンサーリンク

股関節や股関節疾患の基礎を知りたい方に必読の一冊

基本的な情報を知りたいのであれば、手前味噌で申し訳ないのですが、弊著「 図解入門よくわかる股関節・骨盤の動きとしくみ (How‐nual Visual Guide Book) 」より分かりやすいものはいまのところございません。

おすすめポイント1
ここがポイント!4

良いところ6

  • 基本的に知っておいて欲しい股関節や股関節疾患に関わる知識が書かれている。
  • 内容は誰でも読めるように、分かりやすく書かれている。イラストも多い。

良くないところ4

  • 「もっと手術のことを知りたい」「もっと専門的に痛みのことを知りたい」という方には物足りない。

おすすめ度は?2

どんな人におすすめ?

  • 股関節のことや股関節疾患の基本的なことを知りたい人。
  • 理学療法士や作業療法士の学生。
  • スポーツトレーナー。

股関節疾患をもう少し詳しく知りたい方向けの本

基本的な股関節や股関節疾患の知識がある方には、変形性股関節症の運動・生活ガイド―運動療法と日常生活動作の手引きをおすすめします。

おすすめポイント1
変形性股関節症の運動生活ガイド2

良いところ6

  • 変形性股関節症の病態から手術のことまでけっこう詳しく書かれている。上記でご紹介した弊著よりも詳しい内容が知りたい方にはおすすめ。
  • プール運動や家事での注意点、妊娠・出産との関係、冠婚葬祭時の工夫など、他の書籍にはないことが書かれている。

良くないところ4

  • 変形性股関節症の話題が中心なので、他の疾患(股関節唇損傷など)のことは書かれていない。
  • 初版が1999年と古いので最近の知見は書かれていない。

おすすめ度は?2

どんな人におすすめ?

  • 変形性股関節症や手術を少し詳しく学びたい人。

医師の話を分かりやすく

NHKきょうの健康から股関節の痛み―変形性股関節症の治療がよくわかる (別冊NHKきょうの健康)をご紹介します。

おすすめポイント1
きょうの健康股関節の痛み

良いところ6

  • 理解しにくい医師の話をイラストを用いて分かりやすく説明されている。

良くないところ4

  • 基礎的な解剖や運動学の内容は薄い。

おすすめ度は?2

どんな人におすすめ?

  • 股関節の手術(人工股関節置換術、関節鏡下手術、骨切り術など)を理解したい人。

テレビでもおなじみのスーパードクターが書かれた本

テレビでもおなじみの石部基実先生が書かれたのが「老けない体」は股関節で決まる!です。

石部先生は人工股関節置換術を専門とされており、日本屈指の手術数を誇ります。

おすすめポイント1
老けない体は股関節で決まる

良いところ6

  • 正しい歩き方について詳しく書かれている。
  • 栄養面など幅広いジャンルを取り扱っている。

良くないところ4

  • 股関節手術の専門医の著書なのに、手術のことに全く触れられていない。
  • 一般的な内容で、特に目新しくない。

おすすめ度は?2

どんな人におすすめ?

  • グッド歩行が気になる人。
  • 人工股関節置換術を受ける前に石部先生の考えに触れたい人。