人体の骨の名称と数を解剖のイラストを用いて詳しく解説

スポンサーリンク

人間にはどんな骨があるのでしょうか?

今回は人の骨の名称を解剖図を見ながら学んでいきましょう。

人の骨の名称を解剖のイラストを用いて詳しく解説1

骸骨の骨格標本を見たことはありますか?

昔の小学校は理科室に置いてあったので、見たことがある人は多いのではないでしょうか。

ただ頭蓋骨や骨盤くらいは分かっても、それ以外の骨の名称は知らない人も多いのではないでしょうか。

こちらのブログは股関節を中心にお伝えしていますので、骨盤や下肢の骨についてこれまでお伝えしてきましたが、上半身の骨についてあまり取り上げてきませんでした。

そこで今回は人間の全身の骨について見ていきます。

せっかくの機会ですので、どんな骨があるのかしっかり覚えてくださいね。


スポンサーリンク



人体の骨の名称

まず全身の骨格はこんな感じになっています。

人の骨の名称を解剖のイラスト図全身

これは先ほど話していた理科室の骨格標本のままですね。

全身の概要を知るには理学療法士の中島先生の動画をご覧いただくと分かりやすいです。

引用) 理学療法士による身体活動研究Blog


スポンサーリンク



人体の骨の数は?

では人体にはいくつの骨があるのでしょうか?

実は赤ちゃんと成人では骨の数が違います。

赤ちゃんの頃は骨の成長が活発で、長くなったり、形を変えながら、人体の大きくなっていきます。

大きくなる途中に、いくつかの骨がくっついたりして、赤ちゃんの頃には300個以上あった骨が成人すると206個になります

たとえば、赤ちゃんの頃には尾椎といって仙椎の下にある椎骨は、合わさって尾骨という骨になります。

では上半身と背骨、下半身に分けて、それぞれ詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク



上半身の骨

人の骨の名称を解剖のイラスト図上半身正面

人の骨の名称を解剖のイラスト図上半身後面

まず頭の骨は頭蓋骨。これは分かるでしょう。

胸の前には胸骨(きょうこつ)という骨があります。

胸骨は胸骨柄(きょうこつへい)、胸骨体、剣状突起の3つからなり、剣状突起はいわゆる鳩尾(みぞおち)にあります。

胸骨の左右に伸びているのが鎖骨です。鎖骨美人という言葉あるのでどの骨か分かりやすいですかね。

鎖骨は後面にある肩甲骨と胸骨をつないでいます。

上肢(腕)は肩から肘までが上腕骨、肘から手首までは橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこつ)の2本からなります。

橈骨は親指側、尺骨は小指側です。

人の骨の名称を解剖のイラスト図手部

手首から先はややこしいのですが、手根骨(しゅこんこつ)と呼ばれる小さい骨の集合体に続いて、中手骨(ちゅうしゅこつ)、基節骨(きせつこつ)、中節骨(ちゅうせつこつ)、末節骨(まっせつこつ)とつながります。

背骨

人の骨の名称を解剖のイラスト図脊椎

背骨は解剖では脊椎(せきつい)、それぞれを椎骨(ついこつ)と呼びます。

脊椎は頚部、胸部、腰部に分かれ、頚部の椎骨は頚椎(けいつい、7個)、胸部の椎骨は胸椎(きょうつい、12個)、腰部の椎骨は腰椎(ようつい、5個)と呼ばれ、腰椎には仙骨が連なります。(仙骨は仙椎が合体したもの)

下半身の骨

人の骨の名称を解剖のイラスト図下半身

骨盤は分かりますね。

骨盤から大腿骨につながり、膝関節を介して、下腿の脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)につながっていきます。

脛骨はすねの骨、腓骨は外側にある骨です。

脛骨と腓骨については以前こちらのブログで詳しく書いていますので、分からない方はそちらをご覧ください。

参照) 脛骨と腓骨の解剖をイラストを用いて分かりやすく解説します

足関節は脛骨・腓骨と距骨で構成されています。

人の骨の名称を解剖のイラスト図足部

足部には足根骨という小さい骨の集合体があり、中足骨、基節骨、中節骨、末節骨へとつながっていきます。これは手と一緒ですね。

ちなみに趾は音読みでは「し」と読みますが、訓読みでは「あし」と読みます。趾という漢字が使われていたら足の指のことを意味します。

まとめ

人の骨の名称を解剖のイラストで解説してきました。

今回ご紹介したのは、人間の骨の主なパーツになりますが、これくらい知っておけば医療のニュースや話は理解できると思います。

プロ野球で「デッドボールで右尺骨を骨折しました」と書いていても、もうどこか調べなくてもいいですね。

コチラの記事もおすすめです

lpバナー股関節